ちょっとここらでtea break

30代会社員の不妊治療記録ブログ

排卵予定日直前にして卵胞が縮んでいたはなし

地方在住、30代の会社員です。前回の記事では、卵胞が異常な大きさだったため、治療が経過観察になった話をしました。今回は、それから1週間経ち、卵胞チェックをしてきたときのはなしをしたいと思います。

 

前回、5日目だというのにわたしの卵胞は24mmという大きさでした。

前周期に排卵できなかったものなのか、それとも別の何かなのか…この時点では分からなかったため、また1週間後にきてくださいと言われていました。

 

卵胞が大きいため、もしかして早めに排卵するのではと思い、次の診察を待たずに排卵検査薬を使用していましたが、LHの上昇は見られませんでした。

そのほかにも特に変わったことはありませんでした。

 

そして迎えた1週間後。

なんと見えた卵胞の大きさは12mmでした。

前回の半分ほどの大きさになります。

12日目だというのにかなり小さいです。

 

しかし、血液検査をすると、LHプロゲステロンの値も低く、どうやら排卵前の状態にあるということがわかりました。

先生いわく、もしかしたらもっと大きい卵胞がどこかに隠れているのかも、とのこと。

エコーでは左側の卵巣が上に上がっていたせいで見えなかったので、もしかしたら左側に隠れているのかもしれません。

 

ひとまず今回も経過観察ということで、また数日後に来院するように言われました。

こんなよくわからない状態で過ごすのは少し不安です…。

わたしの体で何が起こっているのやら…。

 

念のため夫婦生活は持ってくださいねと言われていますが、やはり夫はその気にはなれないようです。

運動は平日帰宅後にもしていますし、薬も漢方も欠かさず飲んではいるので、夫なりに協力はしてくれています。

 

でも最近は、未完成婚を卒業できない私たちでは保険としてのタイミングもとれないので、たった1回の人工授精ではダメかもと思い始めています。

人工授精は3回行う予定でしたが、もしかしたら2回で体外授精に移行するかもしれません。

 

……はやく子供が欲しいです!

 

次回へつづく